矯正治療の料金案内

当院の治療費の特徴

トータルフィー制

毎回の調整料金が含まれておりますので、毎回の調整料金はかかりません。治療が長引いた際などに追加で費用がかからないため安心です

装置を追加で作成する際やオプションの器具なども費用に含まれております

お支払い方法

現金振込、各種クレジットカード、paypayがご利用いただけます

分割でのお支払い

分割を希望される患者様には、デンタルローンをご案内しております


矯正治療の費用と治療の流れ

(全て税込の費用です)

矯正相談

お口のお写真を撮り、歯科医師と歯並びコーディネーターがカウンセリングを行います

相談は何回でも無料です

精密検査・診断

治療を進める際は、詳しい検査を行い診断を行います

検査では、お口の機能検査やお顔のお写真、口腔内のスキャンなどを行います。

検査は治療途中にも必要に応じて行いますが、追加の費用はかかりません

55,000

予防矯正(3〜5歳ごろのお子様向け)(目安:1年)

乳歯列期のお子様向けの治療です

MFT(口腔筋機能療法)とトレーナー装置を使用し、歯並びの初期の問題を取り除きます

予防矯正を行うことで、その後の発育を正常な状態へ導くことを目的としております

*予防矯正後に小児矯正へ移行する際は、予防矯正の費用を際し引きいたします

110,000

小児矯正(6〜11歳ごろのお子様向け)(目安:1.5〜3年)

混合歯列期のお子様に行う治療です

MFT(口腔筋機能療法)を行い、不正咬合の原因を取り除き、お口の機能的な改善を行います

また、装置は、さまざまな種類のものから患者様ごとに適したものを選択し形態の改善を行います

開始時期は、お子様ごとに変わりますので、いつでもご相談ください

550,000

本格矯正(12歳以降、永久歯列期の方)

永久歯列期に行う治療です。小児矯正からの移行して歯並びを仕上げていく場合や、大人になってから矯正を始める場合の治療になります。小児矯正から以降して行う際は費用が安くなります

マウスピース矯正

透明のアライナー(マウスピース)を用いて行う治療法です

一日20時間の装着を行い、7日間ごとに交換していきます。目立ちにくく、お口の中の違和感、衛生面で優れます

歯の移動の始めから終わりまでの治療計画をクリンチェックというソフトウェアで歯科医師が行うため、精度の高い治療計画を立てることができます。また、患者様にもクリンチェックでの歯の移動とゴールの仕上がりを見ていただけます

クリンチェックの作成を行う歯科医師の技量により治療の中身が大きく変わってしまうため、歯科医師には経験と知識が必要になります。

1,100,000

(小児矯正からの移行時:605,000

ワイヤー矯正

・表側のブラケット

従来からある矯正装置です。当院では、目立ちにくい白色のブラケットを使用しております。ほとんどの症例に適応しており、費用も抑えることができます。

990,000

(小児矯正からの移行時:495,000

・舌側のブラケット

歯の舌側(裏側)にブラケットを装着して行う治療です。症例ごとに治療ゴールの歯並びを設定し、ブラケットを作成します。目立ちにくく、仕上がりの精度が高いことがメリットすが、デメリットとして費用が高く、治療を行う歯科医師に高い技量が必要になります。

1,320,000

(小児矯正からの移行時:825,000

ハイブリット矯正

ワイヤー矯正から開始して、マウスピース矯正にて仕上げる矯正方法です

それぞれの装置の利点と欠点を補うことが出来るため、治療期間、仕上がり、快適度などのバランスに優れた方法です。向いているかどうかは相談、診断時に歯科医師が詳しくご説明させていただきます

・表側のワイヤー+マウスピース矯正 

1,210,000

(小児矯正からの移行時:715,000

・舌側矯正+マウスピース矯正

 1,650,000

(小児矯正からの移行時:1,155,000

保定期間(2年)

本格矯正を行なった後は、2年間ほどリテーナーを使用して歯並びを維持します。

治療費には、治療終了時の器具の除去、検査、リテーナーの作成代が含まれております。

保定期間中は、3〜6ヶ月に一回程度の来院で、歯並びのチェックと歯のクリーニングを行います。

55,000


家族割の紹介

ご家族で2人目以降の患者様は、家族割がございます(兄弟、夫婦、親子など)

本体費用から、55,000円の割引になります


*その他、詳しい内容やご不明な点については、相談時にお聞きください。

PAGE TOP